昔ながらのデザインから現代的なものまで|楽屋用のれん製作

応援している役者や芸能人へ、楽屋用ののれんを贈りたいと
考える人も多いのではないでしょうか。

名入れ

けれど、染め出しや名入れも必要になる楽屋用のれんを
素人が手作りすることは難しいと言わざるを得ません。

そこで頼りになるのが、のれん製作を専門にしている業者です。
製作を依頼すると非常に高価なのではないかと
思ってしまうかもしれませんが、安価な天竺木綿などの
生地を使用することで価格を抑えることも出来ます。

日本の伝統色を使用し染め出しを行ったものは高級感があり、
日本の古き良き伝統を感じさせてくれることは間違いありません。

そこに名入れをすることで、その人だけの唯一無二のものになります。
のれんは先人たちが代々受け継いできた日本文化の粋を
感じさせるものですが、一方では近年は現代風のデザインも
人気を集めています。

化繊生地を使用し、フルカラーのインクジェット印刷を行うことも
出来ますので、人とは違ったデザインのものを贈りたいという人には最適です。

インクジェット印刷

フルカラー印刷のものは新鮮味があるので、
いつも伝統的な染め出しを
したものを贈っていた人にも良いでしょう。

施設によっては防火のために防炎加工を
求められることもありますが、もちろんそんな要望にも
応えてくれるので、安心して注文することが出来ます。

火災予防の対象として定められている「防火対象物」とは

これまで、国内で発生した火災事例や社会情勢に商品動向などによって
今日に至るまで火災を予防する規制が強化されてきています。

防炎規制としまして消防法第8条の3第1項では、「防火対象物」が
指定されていて、これには高さが31メートルを超える建築物の
高層建築物と、地下街があるのです。

地下街とは、地下の工作物内に設けられた店舗であったり、
事務所やこれらに類する施設で連続して地下道に面して
設けられたものと当該地下道を合わせたものとあります。

この消防法第8条の3第1項で定められている「防火対象物」は、
もしも火災が発生した場合には、大きな被害が出る可能性が高いことが
予想されるものですから、「防火対象物」として指定されているのです。

火災では煙が急速に拡散していきますので、素早い避難をすることや
消火活動が難しくなります。

火災が発生した初期の段階で拡大することを抑制するためにも、
消防法で「防火対象物」を指定しています。

また、消防法施行令第4条の3第1項では具体的な施設例などを示した
「防火対象物」も公表していますから、こちらも合わせて知っておきたいものです。

これまでの国内で発生した火災事例等が規制強化につながっています。

喜ばれる贈り物

役者や芸能人は縁起を担ぐことが多いため、縁起の良いのれんは喜ばれます。
生地や色合い、デザインなどにこだわれば製作パターンは
無限に広がりますので、製作する楽しみも十分に味わうことが出来るはずです。