演者のモチベーションを高める「楽屋暖簾」

楽屋のれんは歌舞伎役者・舞台俳優・日本舞踊などには
欠かせないものとなっています。

その多くは役者さんにファンの方より贈り物として
製作されたものが多いのです。

贈り物として

楽屋のれんは一般の人が目にする機会はあまりないのですが、
舞台に立つ人にとっては、そののれんは仕事に対しての
切り替えをしてくれる大きな存在となっています。

そのため、大好きな役者さんの大切なイベントや舞台に
その人を象徴するような家紋であったりマークなどを入れて
贈ることが多いです。

役者や演者の名前をいれたのれんは、舞台に立つ人の気持ちの
モチベーションをあげるものともなることで、市販品ではなく
まさに特別に、その人やグループに贈るものというものになります。

その人のイメージを大切にし、名前や文字の配置やデザインや色、
使う生地の1つ1つに丁寧に対応して、高級感のあるものが喜ばれているのです。

贈る人の気持ちや心意気があらわれた暖簾は、それをくぐる度に
新たな意欲をもたせたり、舞台を全力でやりきって楽屋に入る時には
労わりと癒しの気持ちがそこに込められたものとなってくるのです。

製作された過程や依頼された方の思いが形となっているものを
見ることでモチベーションを高めることはいうまでもありません。

楽屋暖簾のデザインの定番

楽屋暖簾は、舞台と楽屋を隔てる結界の役割を持つと言われている
とても大切なものとなります。

一般的に目に触れることが少ないその暖簾は、歌舞伎や舞台や
日本舞踊などをする人たちには以前から馴染みのものとなっています。

そのデザインの定番と言われているのは、贈る相手の人の名前を
右上に大きめに入れて、送り主の名前を左下に少し小さめに入れるものが多かったです。

その時の送り主の名前には個人名をいれないのが一般的でした。

今では、個人の人に贈るだけでなく、グループや団体に
高級感のある暖簾を贈るということもあります。

デザインは、以前から多かった家紋などをモチーフにしたものが
定番となっていましたが、現在ではいろいろなものがあり
その人の好みの色合いを使い、柄も可愛らしいものや
モダンな感じのものなどがあります。

幅広いデザイン

文字にしても、これまでの平仮名や漢字だけのものではなく
アルファベットや数字などを取り入れたものがあります。

使われる生地もいろいろなものがあり、注文をしてから
出来上がるまでの期間も通常で7日程度でできあがり、
特に急ぐ場合には3日程度に対応してくれます。

ファンの気持ちが形となって、演者の応援をすることで
お互いの気持ちが1つになれるものとなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)