空間を引き締める!間仕切り暖簾・内暖簾

のれんのオーダーをするうえで、まず考えておかなければならないのが使い道です。
それがどのような形やデザインにするかを決めていくための
大きなポイントとなってくるからです。

特に室内を仕切る間仕切り暖簾・内暖簾の場合には、どの程度の
仕切りにするか、どういったデザインにするかという事は
重要なポイントとなります。

室内を仕切る

広い部屋で壁などの仕切りがない場合、その広さが逆に使いにくくなるということがあります。

とはいえ、壁を作ったり大きな仕切を作ったりしてしまえば
部屋が狭くなってしまい、使いにくくなるということがあります。

それとなく仕切りつつ、スペースも有効に使えるようにするために
のれんが活躍してくれるのです。

布で出来ているという事で、それほど圧迫感がなく、くぐって移動を
するという事も可能です。

部屋の広さを損なわず、広い空間を有効活用できるようにしてくれます。

デザインがインテリアに合っていれば、空間を引き締めてくれる効果も生まれます。
広い部屋の使い方や店内ディスプレイに迷ったら、こうした暖簾の
活用法があるという事についても考えておきましょう。

市販で適したデザインがなければオーダーするという事も
検討しておきたいものです。

オーダー製作

自然な目隠しとして活躍

人が多く訪れる場所などについては、あまり人の目につかないように
したいところもあります。

お店の裏はあまり見せたくないものですが、小さな店舗などでは
どうしても裏が見えてしまいやすくなります。

大きな仕切などを設けるスペースもないということが多いでしょう。

そこで活躍するのが間仕切り暖簾です。
それとなく人目を防いでくれる目隠しができるうえ、圧迫感がないので
小さなスペースでも使いやすいといえます。

完全に仕切られるわけではないので、コミュニケーションや移動も
妨げられないメリットがあります。

自然に目隠しができるという事で取り入れやすいものと言えます。

お店などで取り入れることはもちろんですが、家庭の中でも便利に利用できます。
キッチンやお部屋の中の見せたくない場所などが人目につくことを避けたり、
常に目に入ってしまう事を避けたりするために利用することもできるのです。

ふすまや扉の代わりに取り付ければ、移動もしやすくそれとなく目線を遮ることもできます。
必要に応じて使えるという点も嬉しいところです。

来客がある時だけ付けるなどという事も可能になります。
自然に隠したいものがある時に使うと便利なアイテムということが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)